ブログトップ

CATCH THE WIND

タグ:日常 ( 273 ) タグの人気記事

森へ行ってきました

パッと見分かりにくい種類の花達を集めてみた。これらは全てシソ科で、キランソウ属です。
e0149593_16350227.jpg
これはジュウニヒトエ。折重なって咲く様を十二単衣に例えてこういう名前になったそうだ。そんな名前の花があるのは知っていたのだが、今回初めて見た感想は”意外に地味”。十二単衣というから派手な和のイメージだった。

e0149593_16404212.jpg
こちらはキランソウ。ジュウニヒトエと花の形はほぼ同じだよね。写真ではわかりにくいけど、こっちは葉っぱが這うように伸びる。別名”ジゴクノカマノフタ”。薬としても使われた事から、病気を治してしまうので死ななくて済む....というような意味みたい。色んな病いに効いたんだろうね。

e0149593_16401558.jpg
こっちはシロバナツクバキンモンソウ、もしくはツクバキンモウソウ。調べてみるとツクバ...はキランソウのような紫っぽい色のようなので、恐らくシロバナ....ではないだろうかーと思うのである。ただ、光の加減で白っぽくなってしまったようにも思える。自分で撮っておきながら色がどっちだったか忘れちゃったんだよねぇ。でも多分シロバナツクバキンモウソウだと思う。

「え、違うんじゃない?」って思われた方、どうかご指摘ください。

[PR]
by anne-lee | 2017-04-29 17:32 | FOREST | Comments(0)

ドアのニス塗り 2017

e0149593_21141787.jpg

先週、玄関ドアのニス塗りをやった。記憶が正しければ3回目である。
色に悩んだ覚えがあるので、写真に撮っておこう。
元の色がけやきかどうかは定かでは無いのだが今回はこの色を使った。
との粉は今回初めて使ってみた。

2日間かけてしっかり2度塗りもできたのでまぁ良しとしよう。
ただ、はけは悪かったのか、抜け毛が酷く所々残ってしまった。

[PR]
by anne-lee | 2017-04-23 21:25 | WHAT'S NEW | Comments(0)

奈良へ

息子(上)の引越し荷物を車に積んで奈良まで行ってた。車中一泊、奈良で一泊。
現地でも必要な物を買いに走ったりしてたもんで、写真を撮る事もなく、近くを散策する事も無く過ぎた。

横浜を夜の8時半頃に出て、奈良駅周辺に着いたのは朝7時半頃。約11時間のドライブ。
とにかく自分の運転で沼津より西に行ったのがまず初めて。そして初の新東名。(運転は息子と半々かな)
サービスエリアもキレイで良い高速道路だった。下の画像は静岡県内のサービスエリアで食べた夜食。
e0149593_21390262.jpg
新東名を抜け、名古屋からの伊勢湾岸の道路も良かった。横浜川崎あたりの湾岸より夜景がキレイだと思う。

僕が奈良へ行くのは中学校の修学旅行以来。今回見た奈良駅の古い建物(今は観光案内所?)は何となく覚えている。
昔は駅舎だった?それとも建て直したかな? 確か駅からゾロゾロと宿へ歩いた記憶がある。

今回の息子(上)の引越しは、この春から奈良の学校へ通うので一人アパート暮らしを始める為のもの。
アパートは奈良中心部からちょっと離れた住宅の多い街。
電化製品付きの部屋なので、大した物は運ばないだろうと思っていたけど車にはギリギリいっぱいに何とか積み切ったって感じ。
でも横浜へ帰ってきてから扇風機を運び忘れてた事に気付いた。どのみち積めなかったと思うけどね。
e0149593_21462689.jpg
上の画像は奈良で撮った奈良らしい?画像。横浜へ帰る日は朝が早く土産が買えない!
って事で帰る前日の夕方、急遽奈良駅周辺へ戻った時の1枚である。


[PR]
by anne-lee | 2017-03-16 22:15 | WHAT'S NEW | Comments(0)

「フィールドで出会う哺乳動物観察ガイド」

e0149593_21161672.jpg

最近購入した本。まだフィールドで実際に使った訳では無いけど、非常に面白い本。
歩いている時でもちょっと目を光らせたくなるような気になる。もちろん場所によりますけどね。

[PR]
by anne-lee | 2017-02-10 21:30 | なまもの | Comments(0)

続・生物分類技能検定2級への道


2回目にして生物分類技能検定試験 2級 動物部門に合格しました!
e0149593_18291342.jpeg
点数はあえて隠しましたが、ギリギリ合格です(汗)。
ほぼ自己採点通りだった事かな。

[PR]
by anne-lee | 2017-02-04 18:39 | なまもの | Comments(2)

2016年を振り返ってみる。で、結局どうだったのかなこの1年。Part 5

2016年振り返り.....も Part 5。
もう残りわずかとなってしまい
ゆっくり振り返りの記事を作る余裕も無くなってきたし
画像もうまく表示されなかったりと面倒くさいことも重なったので
ここらで終わりとします。

来年もどうぞよろしく。

*そういえばとっくに50代だったので
 ブログジャンルも”50代"に代えました。



[PR]
by anne-lee | 2016-12-29 21:47 | WHAT'S NEW | Comments(0)

2016年を振り返ってみる。で、結局どうだったのかなこの1年。Part 4

しつこく第四弾です。

別にトンボに詳しい訳では無いのだが、たまたま撮ってある画像があるので載せてみる。

国内で一番種類が多いのは、コガネムシとかの甲虫類でおよそ10,000種類。次にハエの仲間が6,000くらいで、その次は蝶の仲間5,000種類。次にハチの仲間がきて、トンボは意外に少なく200種類ちょっとだそうだ。
生き物の世界は、年々調査研究が進んだりして、1つの名前が分れて別々の名前になったりと種類は増え続けてる。まだ名前の無い生き物だってたくさんいるのだ。
e0149593_21214838.jpg
ヤンマ科の羽化殼と思うのだが何ヤンマか、また全く違う種類かは解らない。

トンボにもいくつか種類(科)がある。オニヤンマ、シオカラトンボ、アカトンボなんてところは僕も含め皆がよく知る名前。詳しく言うと、オニヤンマはオニヤンマ科、シオカラトンボ、アカトンボはトンボ科となる。(一般的にアカトンボと呼んでいるのは○○アカネなんかが赤いのでそのあたりだと思う)
e0149593_09101739.jpg
アサヒナカワトンボ

上の画像は詳しい方に教えてもらって初めて名前が解かった。イトトンボかカワトンボ(モノサシトンボ、アオイトトンボなんてのもいるけど)だろうとは思うが、はっきり言ってさっぱり解らない(涙)。飛んでる時期とか、場所で解る人には解るようだ。
e0149593_09114765.jpg
オオシオカラトンボ

シオカラトンボは、オオシオカラトンボ、シオヤトンボと似ている。上の画像はオオシオカラトンボ。目の部分が黒いので。目の部分が黒くなければシオカラトンボ(だと思う)。シオヤトンボ自体はっきりと見たことがないで説明できない。

e0149593_21232313.jpg
コオニヤンマ

コオニヤンマと言ってもオニヤンマとは全く違う科で、サナエトンボ科である。トンボに詳しくなければ”サナエトンボ”なる名称は知らないのが普通かと思う。僕も知らなかった。ちなみにギンヤンマはヤンマ科。意地悪問題が作れるほど生き物の名前は意外にグチャグチャしている。

e0149593_10095868.jpg
○○アカネのアカトンボ類あたり?だと思うのだが、全く解らない。

来年は少しでも多くのトンボの名前が覚えられますように。

<追記>
一部画像が表示されない。表示されてない画像を再度アップロードすると今度は違う画像が表示されない。
画像一覧では見れるのだが、記事上ではうまくいかない。なので修正はせずそのままにする。

[PR]
by anne-lee | 2016-12-24 10:20 | WHAT'S NEW | Comments(0)

2016年を振り返ってみる。で、結局どうだったのかなこの1年。Part 3

第三弾です。


6月に伯母が亡くなった。

伯母は発言力、行動力があり、仕事場でも親戚の皆の中でも誰からも頼られる存在であった。


電話よりも手紙で伝える人だった。

誕生日、進学、就職時にもらった手紙は、今でも実家の机の引き出しにしまってある。


僕は一度、伯母と言い合いをした事がある。それはうちの次男が生まれ、名前を決めた時。

伯母は名前の字に対して反対した。彼女にとって良い思い出の無い字だったそうだ。

結局僕は押し切って字を変える事はなかったが、伯母との言い合いはその時1回だけの事だった。


その次男が進学の為一人アパート住まいになった時、彼に手紙をくれた。

伯母は親の反対を押し切って看護婦になる為東京に一人でてきたのだが

辛さ、寂しさから泣き言を言って親を困らせたそうだ。

そういう自分の体験を彼に伝え、一人で暮らす事について励ましてくれたのだと思う。

一方親である僕には彼が休みの時に帰省したら、一緒にいる時間を作ってあげるよう言われた。


自分の事よりも人の面倒を見る事を何よりも大事にする人だった。

e0149593_21200013.jpeg
あっちを向いてしまっているけど、コルリという鳥。
今年初めて見聞きしたが、さえずりはキレイである。



[PR]
by anne-lee | 2016-12-22 22:05 | WHAT'S NEW | Comments(0)

2016年を振り返ってみる。で、結局どうだったのかなこの1年。Part 2

今日はカボチャ食べて、柚子湯に入った。

2016年を振り返ってみる…..のつづき。

去年の春より自然観察に関係するボランティアを始めた。その中で、鳥の事なんか全く詳しくないけどバードウォッチングのグループに参加している。恥ずかしながらスタッフとしの参加である。

まぁ1年も経てば知らなかった鳥の名前くらいは憶えたりもするが、鳴き声を聞いたくらいで分かる鳥はなかなか増えない。

ボランティアは月1回。日本にもキレイな鳥はいるんだなぁと改めて気づかされた。だけどなかなか写真を撮れない。鳥はちっちゃいし、遠くにいるしちょこまか動くし。せいぜいしっかり撮れるのはサギ類くらい。サギは大きいし、じっとしてる事が多いし。

バードウォッチング以外では定点カメラの調査にも参加している。これは森の中にカメラを何箇所か設置し、どんな動物が写っているか調べるもの。環境省のモニ1000(モニタリングサイト1000)の調査である。

e0149593_21165359.jpg
カラマツだろうか...

何か自然保護や、それに関係する事、調査に携わってみたいと思い、一昨年、初めて生物分類技能検定の試験を受け、3級、去年の2級(さすがに不合格)と続けて、今年も再度2級に挑戦した。

今回もダメかぁと思ったけど、自己採点する限りではちょっと見込みありそう。合格点数は70点。かろうじて越してるかなぁってところ。試験は1問1点で、標本のスケッチのみ5点。この5点が取れていれば見込みありである。

ただ発表は2月なのであとは待つのみ。こんな問題を間違えたのかぁというのもあれば、分からなかったけど選択したらたまたま合っていたなど内容は酷いけど、まぁ合格すれば結果オーライである。


[PR]
by anne-lee | 2016-12-21 22:05 | WHAT'S NEW | Comments(0)

2016年を振り返ってみる。で、結局どうだったのかなこの1年。

2016年、たいして更新もせず終わりそうなので、久しぶりの更新だし、この1年をふりかえりながら、Upもせずボツとなった画像でもついでに公開してみっかな。

すっごく久々なんだけど、記事の投稿画面も変わっちゃった。

今年1月の記事に、ウインドやんなきゃって綴ったけど、結局今年も一度もやらず終わりそう。
まぁ色々あってお金も貯まらなかった。
2月に網膜剥離で入院してしばらく水に入るのも避けたのもあるし、ちょっと貯めたお金は新しいMacの購入に使っちゃった。
e0149593_21123412.jpg
画像はキジのメス。
撮ったのは3月。
繁殖期に入ると目のあたりにちょっと色が付く。
この画像だとさっぱり解んないけど、アイシャドウを塗った感じになる。

網膜剥離の方は今は3ヶ月に1回病院に通っている。先生は問題ないとの事だが、違和感はあるし、目を使うと結構疲れて充血する。先生に「目薬とかありますか?」と聞いたが、疲れたら目を休め、寝るのが一番と。
目薬なんか使わない方が目に良いーだって。

つづく。

[PR]
by anne-lee | 2016-12-20 21:41 | WHAT'S NEW | Comments(0)

相変わらず、気まぐれに綴ってます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31