ブログトップ

CATCH THE WIND

森へ行ってきました

今まで道端に花を付けて咲いていたのに気にしもしなかった植物が、実が付くと、「これ何?」と思う事がある。
この植物がまさにそれ。
ヤブミョウガだそうだ。葉っぱがミョウガと似ているだけだそうで、ミョウガの仲間ではない。
e0149593_17400729.jpg

この時期、(コナラの)どんぐりと葉っぱの付いた枝も落ちている。これは多分ハイイロチョッキリの仕業だと思う。
実物は未だ見た事が無いのだが、ハイイロチョッキリはどんぐりに卵を産んで、そのどんぐりだけ落とすのではなく
わざわざこの画像のように葉っぱも付けて落とすのだそうだ。どんぐりだけだとそのまま食べられたりするけど
葉っぱが付いてればその危険度も低くなるんだろう。これも虫の知恵なんだね。
e0149593_17544746.jpg

日光浴中のトカゲ。場所的にヒガシニホントカゲだろう。
ほぼそっくりなのだが、近畿以西のニホントカゲ、近畿以東のヒガシニホントカゲとに分けられるのである。本来は頭の鱗の形などを見て判別するようだが、この画像ではちと判らないので、場所からして多分ネ.....という事で勘弁してください。さらに、伊豆半島あたりはオカダトカゲというのもいる。
e0149593_18165312.jpg
メスは、卵を産んだ後、子供が孵るまで世話をするのだ


[PR]
# by anne-lee | 2017-09-10 22:00 | FOREST | Comments(0)

相変わらず、気まぐれに綴ってます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30