ブログトップ

CATCH THE WIND

カテゴリ:AQUARIUM( 6 )

今年の海

ご無沙汰しているうちにもう9月。
ひさびさに期間が空いてしまったけど、当ブログはまだ辞めてません。

もう9月になってしまったけど、8月に海へ行った時の話題を少し。
うちの家族が海へ行くというとまず磯場。
人がいっぱいいるようなビーチへは、ここ数年は行ってない。
しかも今年は、ほぼ泳ぐ事無く磯での生き物採取がメインだった。

潮が引き始める頃に行き、満ちてくる頃まで磯にいる。そんな一日だった。(計2日だったけど)
採取するのはもっぱら息子(上)。
奴が小学生の頃はこっちが一生懸命になって獲ってたけど、今では彼の方が断然うまい。
今年はチョウチョウウオが多く見られた。
何匹か獲って自宅へ持ち帰って来たが、全滅してしまった。

他にも今までに会った事がなかった魚、生物にも出会えた(毎回何かしら初めての生き物には出会えてるかも)。
下記の画像の生物もお初である。
e0149593_22902.jpg
太陽?のようにひらひらしているのが見えるだろうか。これって地球外生物?と思わせるスタイル。
息子曰く「ギンカクラゲ」ではないかとの事。
ネットで調べてみるとよく青色の物や、もうちょっと大きいのが紹介されている。
画像のように、触手というかヒダヒダが横に広がっている事がほとんどだったけど
たまにすべて下へ向けてゆらゆらしてたりもした。
獲った後、しばらく飼育ケースに入れておいたのだが、水替えする時に海へ逃がしてしまった。
もうちょっとよく見ておけば良かなぁとチョット残念。

サメのニュースも話題になったが、お目にはかかれなかった。
[PR]
by anne-lee | 2015-09-07 22:51 | AQUARIUM | Comments(0)

ムカデメリベ

うちの夏の海は、ギラギラしたビーチではなく
磯遊びのできるゴツゴツした岩場で過ごす。
ビーチへ行ったとしても、結局磯の方へ行って楽しむのである。

子供が小さい頃から、ビーチで砂遊びよりかは岩場でカニと戯れ・・・たり貝とったりが主だった。
なので相変わらず磯遊びを楽しむ我が家なのである。

e0149593_2094022.jpg
いつも魚を間近で写したいのだがうまく撮れない。だいたい遠目で撮影するか、真上から撮る物ばかり。
皆どうやって海の中の撮影をしてるんだろう。

磯遊び(磯実習とも言う)で楽しいのが、図鑑でした見た事ないような生き物に出会う事。
父(僕)が一番はしゃぐ時かも。
今年初めて見たのが”ムカデメリベ”という生き物。
e0149593_2012079.jpg
このオレンジ色のニクイ奴、見た目は全く似てないけど、ウミウシの仲間。
ラッパのような口(?)で小魚も食べちゃうようだ。

この生き物、見つけた時は名前もなんの種類かも判らず、後で調べて判った。
ウミウシって言うと、だいたいこんなのが良く見るタイプ・・・
e0149593_20115975.jpg
これはうちの扇風機に住着いているアオウミウシ(普通はこんなのは家にはいない・・・)。

いやぁ、やっぱり海は楽しい。
[PR]
by anne-lee | 2014-08-30 20:44 | AQUARIUM | Comments(2)

アクアリウム復活

最近の職場は余裕も無く、全く仕事していても有意義でない。
会社の業績も良くは無いので、人は減る一方で金にならない忙しさが今後も続きそうだ。

そういう嫌な事を忘れさせてくれるのは、家で庭の草花を見ている時間と水槽を見ている時間だ。
元々(何年前になるかなぁ・・・)熱帯魚とかを飼っていた時期があった。

去年の息子(上)の誕生日にアカヒレを10匹ほど買ってきて、30cmの水槽で再び熱帯魚を飼い始めた。それは息子が世話をしていたのだが、今年の誕生日にも熱帯魚の関係をと思い、思い切って使っていたなかった60cmの水槽や、モーター、ライトなどを出してきて、使い始めた。ちょっとずつ魚やビーシュリンプも増やしつつ、今ではほとんど父の癒しの水槽と化している。 
 
e0149593_21544750.jpg

今はアカヒレが9匹、黒メダカが2匹、ネオンテトラが10匹、ビーシュリンプが3匹である。(この画像からではさっぱりだが・・・)やっぱり色が濃い魚がいると水槽の中も映えるねぇ。

ここんところ暑いが続くので水温上昇防止用にファンも取り付けた。
でもシュリンプがこの夏場を乗り越えてくれるかちょっと心配。
[PR]
by anne-lee | 2013-06-16 22:14 | AQUARIUM | Comments(2)

"AQUARIUM"というカテゴリがありながら、ほとんど話題が無いのだが(苦笑)。

先週、ひさびさにペットショップへ行き、イモリ(アカハライモリ)4匹とメダカ10匹を購入。
e0149593_2116588.jpg
ちょっと分かりにくいのだが、枯れ葉の下に見えるのがイモリ。イモリは♂、♀2匹ずつ買って来た。
イモリの♂♀の見分け方は尻尾の形。幅が広い方が♂である。
イモリは今迄でも飼った事はあるのだが、池で飼うのは初。
さっそく先日の雨の中、喜んで(?)池から逃げ出したらしく、(庭は裏にあるのだが)
表のポストの辺り迄逃げ出していた。朝、表の掃き掃除をしていた家内が
うろちょろしている所を発見。危うく通りへ行ってしまうところだった。
帰省本能が働いたのだろうか。
この写真は、今朝の池で確認した1匹で、他の3匹は見えなかった。
すでにどっかへ行っちゃったかな?
e0149593_21171614.jpg
メダカは前から池で飼ってはいたが、1匹しか残っていなかったので、今回ようやく増やした。
卵も孵った事があるのだが、残っていた1匹が元々いたものか孵ったものかはわからない。
e0149593_21173533.jpg
こちらは庭にいたヘビ。飼っているものでは無い。いくら巳年でも飼うくらい好きな訳ではない(笑)。
40cmくらいの子供のヘビのようだったけど、庭でヘビを発見したのは初である。

我が庭にはカエルもいるのだが、こんな小さな庭でもシビアな世界が広がっている。
[PR]
by anne-lee | 2010-05-25 21:53 | AQUARIUM | Comments(18)

メジナ

3年半近く うちの水槽で飼っていたメジナが★となってしまった。
先月から病気にかかり それが原因と思われる。
昨日の朝までエサを食べていたのだが、昨日の夜には水面向いて口パクパクさせていて
心配だったのだけれど、今朝にはもう息絶えていた。

メジナは、子供達と荒崎海岸へ行った時に採って来た魚。
その頃は3cmくらいで、最初はいっしょに飼っていたスズメダイに追っかけられてたのだが
そのうちメジナはどんどん大きくなり、立場は逆転してしまう。
そして大きさも15cmくらいとなりうちの水槽の主となってしまった。
スズメダイもいなくなった後は、水槽の中ではメジナ一匹だけだった。

去年あたりに海に帰そうと子供達と話していたが、一度飼った生き物を帰すのも良く無いのかな?
(カエルで何とかって病気があったので)と思いそん時はそのままにして終わってしまいました。

これで水槽で飼っていた海水魚はいなくなりました。
一時期は、毎週末のようにペットショップへ行き、小遣いすべて注ぎ込んで魚飼ったり
エサ飼ったり、珊瑚まで買ったりしてたんですが、やはり飽きっぽい性格+いい加減さもあり
別の方面に興味がいってしまい、何種類か買った水槽や、備品は今ではホコリかぶっています。

こちらは僕が浅くのめり込んだお魚他の世界(?)がのぞけます→あくあわーるど
[PR]
by anne-lee | 2009-10-03 20:48 | AQUARIUM | Comments(8)

タテジマキンチャクダイ

先日新江ノ島水族館でゲットしてきたフィギュア。
ヤッコの仲間でタテジマキンチャクダイと言う。
ペットショップで生体を買うとなるとかなりお高い魚である。

ちなみに幼魚(子供)はタテジマではなく、ウズマキ模様である。見たまま”ウズマキ”と呼ばれている。
e0149593_22401170.jpg

僕は以前海水魚にはまっていた事があり、あまり高くは無い魚を飼っていた事がある。
別の生き物に興味がいってしまったり、行きつけのペットショップが移転してしまった事もあり、今ではこじんまりと45cm水槽で熱帯の魚でもなんでもない、荒崎海岸でゲットしたメジナ 1匹を飼っている。
[PR]
by anne-lee | 2009-01-07 22:55 | AQUARIUM | Comments(0)

相変わらず、気まぐれに綴ってます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31