ブログトップ

CATCH THE WIND

カテゴリ:♪( 35 )

らいぶ2017

ライブに行くのは2年ぶりである。
中西俊夫のお別れの会”THANK YOU!! ORIGATO!! TYCOON TO$H!!! 中西俊夫フェス!!!"
場所は六本木"Super Deluxe"。


e0149593_11352130.png
「FACEBOOK より」

中西俊夫と六本木。
勝手に”六本木つながり”を言うと、中西俊夫のカセット”HOMEWORK”を買ったのが以前六本木にあった WAVEだった。(WAVEのあった場所は、今では六本木ヒルズの一角となっている)
e0149593_18313675.jpg
「TOSHIO NAKANISHI / HOMEWORK」

WAVEのビル自体が何階まであったか覚えてないが、各階に音楽や当時のカルチャーが詰まったお店であった。
マニアックなレコードも置いてあったのでよく行ったものである。そこにTRA(当時チョット?流行っていたカセットブック)の商品が置いてあるお店がったのだ。そこでたまたま買った、ただそれだけの事だが、勝手に偶然ではなく何かつなっがているんだ!と思うのである。 
e0149593_11421230.jpg


今回フェスにはそうそうたるアーティストが参加していて、すごく楽しかった。(アーティスト詳細は一番上のフェス案内を参照)
フェスのトップはヒカシュー。ヒカシューは元々よく聞いていたし、ライブも何回か行った。
彼らを見たのは実に30年ぶりだ。(正しく言うと28か9年ぶり?)ボーカルの巻上さん、昔と変わらなかったなぁ。
そう、彼らのアルバムも庶民には手に入らない存在だった?ので、WAVEにはよくお世話になった。
”パイク”を久々に聞いたら、翌日になっても曲の旋律が耳から離れなかった。
今回は、旧メンバーの井上誠氏も参加していてヒカシューファンにもたまらなかったのでは。

立花ハジメ氏のソロも聞けた。彼のギターによる"MODERN THINGS"、ヨカッたよ。

DIAMOND HEADS(PLASTICS のCOPYバンド)もカッコよかった。
Vol.の高木完氏は初めてお目にかかったが、想像していたキャラクターはもっとCoolな人かと思ってたけど、とんでもない!もう適任だね!
リンダのパフォーマンスもめちゃくちゃ良かった。野宮真貴さん、彼女の声昔から好きなんだよね。今回はおしゃれすぎてて、ご婦人来場!のような出で立ちだったけど。

残念ながら終電が気になって最後まで見る事が出来なかった。ギリギリまで粘る事も出来たんだろうけどね。”TOP SECRET MAN”、見たかったなぁ。

今回のような企画、またやるような話もあるので楽しみだ。

[PR]
by anne-lee | 2017-04-16 19:18 | | Comments(0)

らいぶ2015

LIVE へ行って来た。
でっかいホールではなくて、LIVE HOUSEの方。今は LIVE HOUSEとは言わないだろうか?
場所は横浜。相鉄ムービルの中にある 「O-SITE」と言う所。
横浜の駅近くでLIVEというと、以前ビブレの中にビブレライブスクエア21...(って名前だったかな?)
というのがあって、そこに2回ほど行った事がある。
確か1回目はヒカシューで、2回目は阿Qだった。

横浜の O-SITEは、今年の1月にオープンしたての所。渋谷にもあって渋谷のスペースが元のようだ。
このO-SITEがオープンする前は、本多劇場があった。下北沢の本多劇場には行った事がある。
そん時は吹越満を見に行った。その当時は、ロボコップ演芸など強烈なパフォーマンスが売りだった。

えーっと話を見に行ったLIVEに戻すと・・・見たのはHaruka、鈴音、広島綾子、そして丸い月の下の4組。
今回のLIVEのお目当ては”広島綾子”。
綾子さんのLiveを見るのは実に5年ぶり!もうそんなに経ってたんだ〜。そして今回が2回目。
当時のレポートはこちら

最初の演奏は "Haruka"さん。アコースティックギターでいい声をかせてくれるアーティスト。
次は"鈴音"さん。ちなみに今回みな女性ボーカルなのだ。鈴音さんは一番若かったのかな?
風貌からしてそう見えた。まぁ年齢はあまり深く語らないようにして・・・
彼女もアコギ1本で元気にかき鳴らしてくれた。そして3番手が"広島綾子"さん。
彼女はピアノの弾き語り。前に見た時は電子ピアノ?キーボード?だったと思う。
今回はグランドピアノで、それも真横からだったので、弾く姿もしっかり見れて良かった。
まるでピアノ演奏会。
LIVE終了後にはサインもいただいた。
e0149593_19122581.jpg
鳥の絵は、僕がtwitterのアイコンに鳥の画像を使ってたから。鳥と言っても本物ではないんだけど
この絵の方がアイコンの画像よりカワイイかも(笑)。

演奏曲の中には新曲もあった。あと、♪ルーシ〜って歌ってのは木根さんの曲だったんだね。
これも新曲だろうかと思ったけど、歌詞に中央線の駅名があったんで、あ、もしかしたら...って。
最後の曲が好きな曲「風のポスト」だったので一人で感動。

最後は丸い月の下というボーカルが女性でビアノが男性のグループ(ユニット?)。今回はサポートでベース有り。
今回の他の3組と比べると曲がJazzyかつR&Bって勝手に解釈するけど、まぁそう言った雰囲気のある人達って事。

でもみなさん演奏も歌声も素晴らしいし、詩も良い。単なるノリと音だけではないこういうLIVEは
聞いていてすごく楽しいし、おじさんとしても和める(笑)。もちろんトークもね。
ただ、前の方の席がどう考えても平均年齢が上に思えたのは何故だろう。ちなみに僕が座ったのは真ん中あたり。
実は平均年齢を上げてるうちの一人だったかも。
[PR]
by anne-lee | 2015-05-13 23:59 | | Comments(2)

SUIHANKI

またSoundCloudsネタだけど、そもそもこのSoundCloudsを知ったのは、この"SUIHANKI"なるユニットの存在を知ってからなのだ。
ちょっと前の毎水曜の夜に「ハッピー!ナイスミドル(仮)」なるネットTV(You Tube)をやっていた。
今は諸事情?によりお休みとなってるけど、再開を楽しみしてる。

e0149593_21365594.png

SoundCloudsには4曲がdownloadされてる。すべてがカバー曲なのだが、オリジナルよりカッコいい。さてこの不思議な名前のユニット、はっきり言って僕も詳しくは知らない。
分っているのは、vocal:広島綾子、Sound、Produce:浜田ピエール祐介のようだ。
絵を見ると3人のようだが、じゃああとお一人はどなたでしょう?
[PR]
by anne-lee | 2015-04-16 22:50 |

SoundClouds

e0149593_21411442.png
最近はSoundCloudsよりDownloadした曲がお気に入り。
個人で作った、Mixした曲をここへDownloadして、それを他人が好き勝手に聞いて楽しむ事ができるのだ。
iTunesのようにplaylistを作ったり、お気に入りを作ったり、曲に対してコメントする事もOK。
僕は音楽は聞くだけで作る事はダメ(もちろん楽器は全くダメ)なんだけどね。
こんなのが世の中にあったとは驚きです。
Downloadはfreeだけど、できない曲もある。Downloadした曲はiTunesを使って聞く事もできる。
ちなみにこの"Autumn Walk...."は1時間を超える大作。色んな曲がnon stopでmixされているだけだけどね。
オリジナルなのか、カバーなのかよくわかんないのがホトンドだけど、そもそもオリジナルも知らないので
それはそれで楽しめます。もちろんカバーであってもいいのがたくさんある。
通勤や、ドライブのお伴にグッドだと思います。

SoundCloudsは、FacebookまたはgoogleのIDでログイン可能です。
[PR]
by anne-lee | 2015-04-14 21:30 |

Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター

Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター (完全生産限定盤)(DVD付)

浜田省吾 / ソニー・ミュージックレーベルズ


そう、何てったって僕は浜田省吾が好きなんです。
人に自慢できるほどではないですが。

彼がドロップアウトした大学にまで行こうとしたけど
ドロップアウトどころか受かりもしなかった。
そんな程度です。
[PR]
by anne-lee | 2015-04-09 20:59 |

SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2011 The Last Weekend

e0149593_1153231.jpg
トラックがこんなにカッコいいとは。

もちろん昨日のライブ、良かったです。
[PR]
by anne-lee | 2011-05-22 12:00 | | Comments(5)

GW 5

お休みもあと2日というよりまだ2日も・・・。
本日は朝から会社のPCでメールチェック。問題有りの仕事の方は全く進展無し!
ちょっぴりムッとしてしまったので、リビングの窓ガラスを拭いちゃいました。
内側って結露をそのままにしておくとカビになっちゃうのだが
見事にそのままだったのでもうカビルンルン状態。
外側は黄砂やら火山灰(それはあり得ない;苦笑)やらでこっちは土色状態。
後半はかなり手を抜きましたが、うちの窓ガラスってこんなキレイだった?と思うほど
キレイになり、何となくリビングも明るく感じるようになりました。

午後からは、ちょっくら川崎へ行って、Meine Meinug のフリーライブを見て来ました。
川信(川崎信用金庫)の多目的スペース(かわしんふれあい広場)で
何組かのLIveが催されていて、その何組かのうちの一組がMeine Meinungの皆さんでした。

ちなみに、初めて知ったのですが、この川信の前の道が旧東海道だったのです。
東海道と言うと、自宅から鶴見までの旧東海道をRUNで来てはいるが
鶴見から先はまだ来れていない。でも最近はほとんど走れなくなってしまったので
ウォーキングで来るとなるといつの事になるやら。
[PR]
by anne-lee | 2010-05-03 18:47 | | Comments(10)

BANG THE DRUM


先日のオリッピック開会式で披露された曲をBryanのYou Tubeよりチェック!
残念ながら当日の動く画像では無い。
Bryanといっしょに歌っている女性は Nelly Furtado(何だか読みにくいゾ;苦笑)という人。
彼女もカナダ出身のミュージシャンである。
(初めて知ったんですけどね。詳しく知りたい人はネットで見てみて)
*オリンピックには興味は無いけど、こういうのは結構気になる。
[PR]
by anne-lee | 2010-02-20 21:23 | | Comments(14)

ULTRA

前記事で触れた『WAになっておどろう』(正確な曲名は『ILE AIYE〜WAになっておどろう〜』)、後にV6も歌ってた。V6の曲と言うと・・・『TAKE ME HIGHER』という曲。これはウルトラマンティガの主題歌。今から十数年前はカッコ良く(?)カラオケで歌ったりしたっけ。

ウルトラマンティガは、当時仕事上関係していたSun(今はオラクルに買収されてしまったサン・マイクロシステムズ)がCGなどで協賛していた為、良く知っていた。僕はワークステーションのインストールと貸し出しを担当していた。円谷プロさんに貸し出したのも憶えているし、ただそんだけの事なのだが、勝手に身近に感じ、当時はかなり自慢していた(苦笑)。でもティガはタイムリーには見てなくて、後のウルトラマンダイナから子供といっしょに見ていた。なので、ウルトラの平成初期3部作であるティガ、ダイナ、ガイアは、Videoや映画も含め結構記憶に残っているのだ。というよりも世代的に言ってウルトラ系は実は大好きなのである。

子供がウルトラ好きの時は、ソフビの人形(ウルトラマンとか怪獣の)も結構楽しんで買って来たし、車の中で子供達に聞かす為というか自分が聞くためにCDも良く買って来た。
e0149593_17181214.jpg
当時のウルトラの曲って良く知られている人が歌ってたり、参加したりしていたのだ。ティガの主題歌はすでに触れているV6だったが、エンディングテーマは岸谷五朗プロデュースの『Brave Love,TIGA』という曲。歌っているのは地球防衛団なるユニットで、岸谷氏を始め、宇都宮隆、唐沢寿明、サンプラザ中野(今はサンプラザ中野くんという)、寺脇康文らが歌っている。この曲の作詞はサンプラザ中野である。

ウルトラマンダイナではTHE ALFEEの高見沢さんが作詞作曲したエンディングテーマ『君だけを守りたい』というのがある。歌っているのは中島文明さんで、現 中島フミアキ(ダンガンブラザーズバンドでボーカルだった人)。コーラスで高見沢さんも参加しているし、THE ALFEEのアルバムの中でもセルフカバーしている。

LAZYの『ULTRA HIGH』という曲もダイナのエンディングテーマであった。LAZYは元々レイジーとしてアイドル扱いされていたグループ。彼らは本来はハード(もしくはヘヴィ)路線だったのだ。解散したのはいつだったか憶えては無いが、解散後はボーカルだった影山(ヒロノブ)さんはアニメソングでは有名になっちゃったし、ギターの高崎晃氏はLOUDNESSで世界的に(?)活躍し、彼のギタープレーはヘヴィ好きな友人達には崇拝されていた。そのレイジー(LAZY)はこのダイナのエンディングで見事に復活。うちのガキどももハードな曲にも関わらず「ウルトラ〜、ウルトラ〜♪」と車の中でよく熱唱していた。
[PR]
by anne-lee | 2010-02-20 18:04 | | Comments(16)

SNOW LADY FANTASY

雪も心配した程では無かった。
今日は息子の公立高校受験の日。とりあえず合否は別として 漸く受験の日々は幕を閉じようとしている。

僕の母曰く、僕の高校受験の日も雪だったと言うのだが、僕はまるっきり憶えていない。えー?ホント?って感じ。でも面接は今でも憶えているね。
まずは志望理由とか聞かれましたね。まぁこれはフツーでしょう。(ちなみに息子が受けた私立では先に自己PRをして下さいーだったとか)
それから趣味を聞かれた時、音楽を聞く事ですと答えたんです。そうするとどんな音楽?とまぁ聞かれますね。当時好きだったというと洋楽も邦楽も聞いてましたが、YMO(イエローマジックオーケストラ)とかを夢中で聞いてまして、まさか「テクノです。」なんて答える勇気も無く、苦し紛れに「流行歌です」と答えてしまいました。さすがに面接官もうけてましたが、いくらなんでも流行歌って表現が古過ぎましたか(笑)。まるで昭和歌謡曲?美空ひばりか橋幸夫?って感じに思われたでしょうか(でもそれは無いでしょ;笑)。

e0149593_21324788.jpg
会社の近くにある霊雲寺。真言宗のお寺で、徳川綱吉の頃に建立されたとか。中々雪の写真を撮る事が無いので、パチリと。

本日のタイトル”SNOW LADY FANTASY"とは角松敏生の曲。記事とは関係無く、今日が雪だったので全くのこじつけである。
さて”角松敏生”、”冬期オッリンピック”と言うと・・・
「WAになっておどろう」ですね。長野オリンピックの閉会式は感動しました。あの時、TV見ながら”世界は一つ”になっているって思いました。


[PR]
by anne-lee | 2010-02-18 22:07 | | Comments(14)

相変わらず、気まぐれに綴ってます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31