ブログトップ

CATCH THE WIND

カテゴリ:FOREST( 12 )

森へ行ってきました

今まで道端に花を付けて咲いていたのに気にしもしなかった植物が、実が付くと、「これ何?」と思う事がある。
この植物がまさにそれ。
ヤブミョウガだそうだ。葉っぱがミョウガと似ているだけだそうで、ミョウガの仲間ではない。
e0149593_17400729.jpg

この時期、(コナラの)どんぐりと葉っぱの付いた枝も落ちている。これは多分ハイイロチョッキリの仕業だと思う。
実物は未だ見た事が無いのだが、ハイイロチョッキリはどんぐりに卵を産んで、そのどんぐりだけ落とすのではなく
わざわざこの画像のように葉っぱも付けて落とすのだそうだ。どんぐりだけだとそのまま食べられたりするけど
葉っぱが付いてればその危険度も低くなるんだろう。これも虫の知恵なんだね。
e0149593_17544746.jpg

日光浴中のトカゲ。場所的にヒガシニホントカゲだろう。
ほぼそっくりなのだが、近畿以西のニホントカゲ、近畿以東のヒガシニホントカゲとに分けられるのである。本来は頭の鱗の形などを見て判別するようだが、この画像ではちと判らないので、場所からして多分ネ.....という事で勘弁してください。さらに、伊豆半島あたりはオカダトカゲというのもいる。
e0149593_18165312.jpg
メスは、卵を産んだ後、子供が孵るまで世話をするのだ


[PR]
by anne-lee | 2017-09-10 22:00 | FOREST | Comments(0)

森へ行ってきました

e0149593_21522126.jpeg
ツバメシジミ。どうやらドリンクホルダーの赤色目当てでとまったと思われます。飛び立ってはとまり.....を繰り返してました。
チョウには好きな色があるんだそうですが、ツバメシジミが好きなのは赤色なんだろうか。
e0149593_21531645.jpg
コジャノメ、もしくはヒメジャノメと思われます。羽の表の模様だけではちょっと同定できません。
以前同じ場所でコジャノメを見つけたので、コジャノメかなぁと思うのだが、自信は無い。



[PR]
by anne-lee | 2017-08-15 22:03 | FOREST | Comments(0)

森へ行ってきました

パッと見分かりにくい種類の花達を集めてみた。これらは全てシソ科で、キランソウ属です。
e0149593_16350227.jpg
これはジュウニヒトエ。折重なって咲く様を十二単衣に例えてこういう名前になったそうだ。そんな名前の花があるのは知っていたのだが、今回初めて見た感想は”意外に地味”。十二単衣というから派手な和のイメージだった。

e0149593_16404212.jpg
こちらはキランソウ。ジュウニヒトエと花の形はほぼ同じだよね。写真ではわかりにくいけど、こっちは葉っぱが這うように伸びる。別名”ジゴクノカマノフタ”。薬としても使われた事から、病気を治してしまうので死ななくて済む....というような意味みたい。色んな病いに効いたんだろうね。

e0149593_16401558.jpg
こっちはシロバナツクバキンモンソウ、もしくはツクバキンモウソウ。調べてみるとツクバ...はキランソウのような紫っぽい色のようなので、恐らくシロバナ....ではないだろうかーと思うのである。ただ、光の加減で白っぽくなってしまったようにも思える。自分で撮っておきながら色がどっちだったか忘れちゃったんだよねぇ。でも多分シロバナツクバキンモウソウだと思う。

「え、違うんじゃない?」って思われた方、どうかご指摘ください。

[PR]
by anne-lee | 2017-04-29 17:32 | FOREST | Comments(0)

森へ行ってきました

e0149593_17071193.jpg
ヤマネコノメソウ。赤いつぶつぶは実である。

e0149593_17000639.jpg
タチツボスミレ。
花の色はうす紫色。
以前うちの庭に咲いているのがタチツボスミレだとずっと勘違いしていた。
結局うちに咲いているのは何スミレだかは未だに解らない。

e0149593_17122928.jpg
ジュウニヒトエ。
名前からして結構カラフルなイメージがあったのだが
単に折り重なって咲くのでそう言う名前なのだそうだ。

e0149593_17100237.jpg
ヤマルリソウ。


[PR]
by anne-lee | 2017-04-09 17:39 | FOREST | Comments(0)

6月の森 Part 2

今日はひさびさの晴れだった。
先週末に会社が新しい場所へ引っ越して、その後社内のネットワークやらなんやらうまくいかず(未だにだけど)
おまけに天気も雨降ったりでどーんよりしてて、さらに目も悪くなった感じで(気候と関係あり?単に老眼が進んだだけ)・・・
ってまぁいろいろあった1週間だけど、来週もそのまま続きそうだ。

緑を見るのは目にも良い!という事で森で撮った植物達を載せます。

e0149593_2261364.jpg
アサザと言います。スイレンのような葉っぱ。花が水辺の植物っぽくないよね。
e0149593_2253838.jpg
オカトラノオ。
e0149593_22512.jpg
「マユミ」という名の植物。何で”まゆみ”って名なんだろう。
”なおみ”でも”みちよ”でも”よしこ”でも良かったんじゃないの?・・・と素朴な疑問。
そのうちこの実が4つに別れるんだそうだ。前に花も見てるはずなんだけど憶えてない。
e0149593_224887.jpg
これ、なんの実?
e0149593_2224032.jpg
アケビか、ミツバアケビの実。

目の話に戻るが、去年あたりから左目が悪くなった感じ。常に右目の方が悪かったのだが
視力検査で左が右よりも落ちたのがショックだった。
最近はさらに、特に会社のPCの画面見ても6だか8だか0だかが判んない。新聞の記事や雑誌もメガネ外して近づけた方が良く見える。
視力も悪くなったし、老眼も進んだ? そんな感じだ。
[PR]
by anne-lee | 2015-06-20 22:47 | FOREST | Comments(2)

6月の森

e0149593_20581417.jpg
ジャコウアゲハ。
黒いアゲハというと他にカラスアゲハ、クロアゲハ、オナガアゲハという種類がある。
名前は知ってはいても、見ても違いがよく判ってなかった。
でもようやくジャコウアゲハはこの模様だというのが判った(と思う。。。ちょっと自信なし?)。
羽の下が長く、白い点点が特徴かな。
ちなみに幼虫は・・・
e0149593_2172470.jpg
よくみ見るアゲハの幼虫は緑色だけど、こちらは黒と白。たくさんの突起物がある
e0149593_2110437.jpg
画像の中のツル性の植物でオオバウマノスズクサと言う。
この葉をジャコウアゲハの幼虫が食べるんです。葉には毒性の成分があるんだとか。
[PR]
by anne-lee | 2015-06-13 21:48 | FOREST | Comments(0)

5月の森

先月ボランティア体験に参加し、さっそく今月よりちょこっと始める事にした。
1つは森の中にカメラを設置し、そこに写った動物の種類や数を調べるもの。
環境省による”モニタリングサイト1000”(全国およそ1000カ所で環境情報を収集している)の1つである。
県内には約30カ所あるようだ。

もう1つはバードウォッチングの案内役。鳥なんかほとんど知らないくせにね(苦笑)。
まぁ憶える為にも良いのではという、そんな気持ちで。

他にも興味のある内容があったのだが、とりあえずこれくらいにしておいて、また続けて行く中で
イロイロと考えたいと思う。

この2つのボランティアはそれぞれ月1回。先週末がボランティアの日だった。
次は6月なので、その間に自分なりに憶えなかればいけない事もあるので、ボランティアが無くても
森へ足を運んでみた。
市内でも割と広い敷地というか、森なので、中にある道(色々とコースがあるのだ)も憶えなきゃいけない。
狭い道もあれば、長く続く階段もあったり。◯◯の池とか、原っぱとか。
e0149593_181691.jpg
先週は見かけなかったハンミョウがチョロチョロしてた。
もちろん鳥も憶えなきゃいけないんだけど、せっかく聞き覚えの無い鳴き声を聞いたりしても
やはり判る人が付いてないと結局鳥の名前は判んないんだよね・・・。
カラスや鳩のように必ず目の前に現れてくれる訳ではないし。それでもカメラで鳴き声を録音してみたりもしてみた。

この森には隣接する別の市民の森もあり、がんばってそっちにも行ってみた。ハイキングコースにもなっているので
森の中でも結構人とはすれ違う。
e0149593_18175356.jpg
ある池の畔でおじさんが鳥を撮っていた。
カメラは片手で持つのも大変なくらいな望遠レンズ付き。
そのおじさんが「ここにアオサギがいるよ」と教えてくれた。つがいだろうか。
e0149593_18262743.jpg
日向ぼっこ中のカメ。

今日は天気も良く、かなりクタクタ。
本日の感想ー、
大変疲れました。
[PR]
by anne-lee | 2015-05-17 18:43 | FOREST | Comments(0)

おじゃまたくし

e0149593_16401914.jpg

[PR]
by anne-lee | 2015-04-26 16:50 | FOREST | Comments(2)

ウラシマソウ

ウラシマソウ。
図鑑とかで見た事はあったけど、実物を見るのは初。
e0149593_811423.jpg
ちょっとこの画像は判りにくいんだけど、この袋(筒?正しくは苞と言う)のような物の中に実際の花があるんだそうだ。
中身はもちろん見た事ありません・・・。
ちなみにこのような部分を仏炎苞(ぶつえんほう)と言います。サトイモ科の植物に見られます。
アンスリウムの♡型の花の部分も同じなんです。あれは開いてしっかり花(花序)の部分が見えてますけどね。
e0149593_80527.jpg

[PR]
by anne-lee | 2015-04-24 22:58 | FOREST | Comments(2)

ハナイカダ

e0149593_2139527.jpg
葉の上に花が咲くハナイカダ。果実は食べられるそうだ。
[PR]
by anne-lee | 2015-04-22 21:48 | FOREST | Comments(0)

相変わらず、気まぐれに綴ってます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30